スポンサーサイト

--⁄--⁄--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP

ひそかに役立つコマンドプロント

2009⁄09⁄15(火) 20:12
コマンドプロントとはwindowsに標準でついています。
64bitでは付いていないようです。

起動のしかたはファイル名を指定して実行で cmdと打てば動きます。

Exit で終了できます。
プロパティからいろいろなぶれます。
フォント少ないですが追加法があります。

フォントの追加
レジストリを弄るのでバックアップしてください。

レジストリエデイタを起動

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Console\TrueTypeFont] を開く。

新規から 932. を追加する
内容に追加したいフォント(True Type フォント)を入れる。
とりあえず確認でもう一度Cmdを起動。
フォントから選べるはず。
できなっかたらやり直す。
なお再起動しないと表示できません。

再起動したらフォントを選択
表示されるはず。


できるコト

ファイル名一覧を保存する
指定した時間にプログラムを起動する
その他いろいろできます。

何ができるかは help と打てば大体解る。
以下のように表示される。

特定のコマンドの詳細情報は、"HELP コマンド名" を入力してください
ASSOC ファイル拡張子の関連付けを表示または変更します。
AT コマンドやプログラムを指定した日時に実行します。
ATTRIB ファイルの属性を表示または変更します。
BREAK 拡張 CTRL+C チェックを設定または解除します。
CACLS ファイルのアクセス制御リスト (ACL) を表示または変更します。
CALL バッチ ファイル中から、別のバッチ ファイルを呼び出します。
                ・
                ・
                ・
細かいことはこのサイトを利用してください。       

TOP

Comment

コマンドプロンプトですよー
俺も以前、間違えてましたw
2009⁄09⁄17(木) 21:15 | | [edit]

Trackback

http://96080.blog93.fc2.com/tb.php/52-38d658cd

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。